2020年春ドラマ

ドラマ『美食探偵 明智五郎』4話あらすじネタバレどこよりもわかりやすい。

美食探偵明智五郎4話

 

 

『 美食探偵 明智五郎』が観たい。4話を見逃してしまった。

 

こんな悩みを解決します。

 

ドラマ『美食探偵 明智五郎』は中村倫也演じる、超美食家のイケメン探偵が、連続殺人鬼の真相とハートに迫る恋する毒殺サスペンスです!

今回はドラマ『美食探偵 明智五郎』全話見ることができる動画配信サービスをどこよりも詳しくわかるように書いています。

本記事を読むと、きっとあなたも今すぐにドラマ『美食探偵 明智五郎』を観たくなります。

 

注意ポイント

この記事は4話のネタバレしています。まだ見ていない方は下のボタンから無料視聴してくださいね。

 

 

\美食探偵 明智五郎を視聴可能/

無料でhuluを体験する

※2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません

 

 

あわせて読む
美食探偵 明智五郎
ドラマ『美食探偵 明智五郎』全話を無料視聴する方法をどこよりもわかりやすく

 

 

本記事の内容

  • ドラマ『美食探偵 明智五郎』4話あらすじ・ネタバレ・感想
  • ドラマ『美食探偵 明智五郎』番組概要
  • ドラマ『美食探偵 明智五郎』を視聴する方法
  • ドラマ『美食探偵 明智五郎』が観れる動画配信サービス。これがベストな選択。

 

 

ドラマ『美食探偵 明智五郎』4話あらすじ

 

東北の姑から送られてくる手料理が冷蔵庫を埋め尽くすことにストレスを感じる主婦・みどり(仲里依紗)が、ネットで知り合ったマリア(小池栄子)に背中を押され、無理解な夫・和宏かずひろ(落合モトキ)を殺害!

和宏の同級生だった明智(中村倫也)は、同窓会を無断欠席した和宏を心配し自宅へ。

和宏に代わり、届けられた“お袋の味詰め合わせ”を預かる。

その頃、和宏の死体はマリアに派遣されたシェフ・伊藤(武田真治)とみどりに解体されていた…。

その夜、高校時代に食べた和宏の母親の味を懐かしく思い出していた明智は、姑からしょっちゅう手料理が送られてきたら嫁にとっては“キッチンハラスメント”だという苺いちご(小芝風花)の言葉がひっかかる…。

(引用:日本テレビ「美食探偵 明智五郎」公式サイトより)

 

 

見逃した全話まとめて一気る方法を知りたい方は下記の記事に書いています。読んでくださいね。

 

>>『美食探偵 明智五郎』動画・見逃し配信 全話を無料視聴する方法どこよりもわかりやすい

>>ドラマ『美食探偵 明智五郎』1話あらすじネタバレどこよりもわかりやすい

>>ドラマ『美食探偵 明智五郎』2話あらすじネタバレどこよりもわかりやすい

>>ドラマ『美食探偵 明智五郎』3話あらすじネタバレどこよりもわかりやすい

 

ドラマ『美食探偵 明智五郎』4話ネタバレ

 

スイーツ食べ放題のお店で楽しんでいる苺と桃子。話題はもっぱら前回の事件だ。

事件現場になったフレンチレストランは潰れ、グルメ大名は事故死扱いになったらしい。

明智の周りではすでに5人も人が死んでいる…次は苺の番じゃない!?と桃子に言われてしまう苺。

帰りに明智の事務所によると、刑事の高橋がいた。明智は高校の同窓会の幹事になったのでその手伝いを頼んだらしい。

そんな明智の同窓会の案内が届いた一人・桐谷和宏。仕事はトレーダーなのだが、最近はマイナスになっているようで機嫌は良くない。

暗い顔でお昼を食べている和弘と妻・みどり。そこに和宏の母からの料理が大量に届く。

「和宏さん、前にも言ったけど、もう冷蔵庫がいっぱいなの。和宏さんからお義母さんに言ってもらえないかなぁ」

「お前が食えばいいじゃん」

みどりが作る洋食より、和食の方が体にいいと和宏は姑の料理をありがたがる。でも、みどりは和食が嫌いなのだ。

何より、自分の料理で埋め尽くしたい冷蔵庫がもはや姑の料理でいっぱいでみどりが作る隙も無い。

「もういや!!」とテーブルに並んでいる料理を床に落とすみどり。和宏はほっぺたをひっぱたき、「拾って全部食え!!!」とみどりを罵る。

みどりは泣きながらそれをひろいながら口に運んだ…

その夜、ネットの掲示板で「食料品を毎週送りつけてくる姑に困っています れいぞう子」と相談すると、マリアがすぐに答える。

「れいぞう子さんはご主人を愛しているからこそ、お姑さんの料理ではなくご自分の手料理を食べてもらいたいんですよね。

よかったらここでお話ししましょう。」と自身のHP マリアの部屋のURを送る。

みどりが早速そこをクリックするとマリアがいた。ネット電話のようだ。

早速話を始めるれいぞう子・みどり。床に落ちた食事を食べさせられて豚のような扱いを受けたと。

「あなたの事、もう愛してないのね。あなたの人生、台所の生ごみと同じ。全部、捨てなさい。捨てて冷蔵庫を空っぽにしなさい。」とれいぞう子をたきつけるマリア

れいぞう子は言われた通り、冷蔵庫を空っぽにする。次々と料理を捨てていると、和広がその音に気が付きやってきて、めちゃくちゃ怒っている。

「何してるんだよ!!??」

「大丈夫。これからこの冷蔵庫に私の料理とデザートを・・・」

「離婚だ!もう、うんざりなんだよ!頼む離婚してくれ!!!」と和宏が言うと、れいぞう子は目の前にあった包丁で刺し殺してしまう。

 

「あらま!もうころしちゃったの!?」ネットで見ていたマリア。

「この包丁でいっぱいいっぱいお料理しようと思ってたのに・・・」

「よかったわね、冷蔵庫を空っぽにしておいて、あなたの愛する真っ白で大きな冷蔵庫・・・」

 

夜が明けて同窓会当日になった。メールには出席とあったが和宏が来ていないので明智は自宅に電話をするが誰も出ない。

自宅でがまだ和宏の死体がそのまま放置されていた。

「電話に出るな」といい、「始めるぞ」と指示を出しているのはなんと、前回登場したシェフだった。マリアに派遣されてきたのだ。

お風呂にドライアイスを入れ、「一緒に解体しよう」というシェフ。怖がるれいぞう子をよそに血を浴びながら解体していく。

そこに和宏に会いに明智がやって来る。

「あの几帳面な性格の桐谷が…のどに骨が引っかかるようだ。」マンションのインターホンを押すが誰も出ない。そこに宅急便が来る。明智は一緒にオートロックを抜け、直接部屋のインターホンを押す。しかし誰も出ないので電気と水道のメーターを確認する。どちらも動いていた。

マリアはネットでシェフと話していた。このマンションのごみは24時間捨てれて、おまけに粉砕式。ばらばらにして少しずつこの中に捨てれば誰にもばれない。

「さすが殺人天国日本ね!」マリアは感心する。

「私なんかにできるんでしょうか」と心配するれいぞう子。

「れいぞう子、これはあなたが自由を手にする最初のお料理なの」

その頃、また姑からの荷物が届く。部屋の入口にいた明智が「桐谷です」と名乗って受け取る。そのやりとりをインターホン越しに見ていたシェフは驚いてマリアに「あの探偵が来てます!!!」と伝えると、「やっぱり運命なのね!!」とマリアは明智がここにたどり着いたことを喜んでいた。

そのままクール便を持って帰り、苺に桐谷へメールを送らせる。「こんなのがしょっちゅう送られてきたら地獄だ」と苺「旦那さんがいつまでもお母さんの料理好きなままだし、自分の料理もできないし、地獄!!!これはキッチンハラスメントです!!」明智はこれがハラスメントになるなんてと驚く。

17年前 明智と桐谷は同じ高校だった。

学食のご飯がどうしても口に合わなくて、新潟から料理を送ってもらっているとこっそり中庭でお弁当を食べる桐谷。

「何も恥ずべきことじゃない。立派な新潟の食文化じゃないか。僕はおふくろの味を知らなくて…うらやましいよ。」と切ない表情の明智。

そんな明智を見て、桐谷が煮物を少し食べさせてくれた。

「奥方にとっては迷惑ということか。誰かにとっての善意は、他の誰かにとって必ずしも善意にならないかもしれないな」明智がつぶやく。

その時、桐谷から返信が来た。

「おふくろの煮物 捨てといてくれ」という文言に、やはり事件の匂いがすると気が付く明智。

 

その頃、マンションでは

「さっき訪ねてきた明智って男、旦那の同級生だった。旦那の文体をまねて返信しておいたぞ」メールの返信はシェフだった。

解体に疲労を隠せないれいぞう子。 夫の死体についている結婚指輪を見ていろんなことを思い出す。

「なんか色々思い出しちゃって。最初はあんなに楽しかったのに…あんなに幸せだったのに…  外の空気吸ってきます」と言って外に出ると明智に会う。

「実は今日、同窓会がありまして。昼に一度伺ったのですが」

「主人は体調を崩してまして…たぶん私もシャワーを浴びていて、チャイムに気が付かなかったのかな。」

「桐谷君は今家ですか?良かったら会わせてくださいませんか?」

「主人は寝ていますのでよかったら私に。」

「昼に急にメールが返ってきましてね。預かってるお母さんの料理を捨てておいてくれなんて、桐谷が言うわけがない!」

「そのあたりの事は、私は… あの… 私、急いでますので!」

「味の好みが違うと夫婦は大変だ、食事はどちらかが死ぬまで続く大切な夫婦の営みですからね。」

「なにをおっしゃりたいんですか?」

「二人が今幸せなのかと思って」

「幸せになんてなれるわけない!あんな人と…」

「あんな人?」

「ずっとずっと我慢してきた… ずっとずっと辛かった…」

「彼との間に何があったんですか?」

「夫婦の問題なので」

「彼との間に何があったんですか?」

「夫婦の問題なので…」

「しかし彼との間に何かいい違いがあったのならきちんと話し合うべきなのでは…」

「私だってそうしたかった…でも向き合おうとしない相手とどうむきあったらよかったんですか?目も合わせようとしない相手とどうすればよかったんですか?」

「どうすればよかった… 過去形ですか?桐谷君に会わせてほしい!!」

「お断りします」と言って立ち去るれいぞう子。

僕は寄るところがあると明智は苺を置いて急いでどこかに行ってしまった。

明智は警察に行っていた。刑事に令状を頼んでいた。

「事件が起きたわけでもないのに家宅捜索をしろと!?」

「頼む、君たちの力を貸してくれ」

「まぁ、明智が俺に頼みごとをするなんてめったにないからな…おことわりじゃーーーー!!!!」あっさり断られてしまい仕方ないなと去っていく明智。

苺がれいぞう子の前にやって来る。それを遠くから見ていたシェフがやってきて、苺を拉致する。

部屋で目隠しをし、イスに縛り付けられた苺。恐怖で気を失っているようだ。れいぞう子はまた不安になっていく。

「もう一度思い出して。あなたのご主人があなたにした仕打ちを… 家畜のように扱っていた。料理を作らせてくれなかった。ご主人との結婚はちょっと失敗だったけど、もう一度最高に素敵な恋をして今度こそ愛するご主人のためにおいしい料理を作るの。 そのためにはあなたを苦しめたあの男を跡形もなく消しちゃいましょう。頑張って、死体をなくしてしまえば殺人自体が発覚しないんだから。あなたたちは私がこの世界に産み落とした子供。愛する子供たちは私が守る」

マリアのセリフを聞いたれいぞう子は吹っ切れる。

「毎日毎日、黒いゴミ食べさせられて!私の真っ白な冷蔵庫もゴミに占領されて!」

慣れてきたらだんだん楽しくなってきたらしく、どんどん死体を解体する。

その頃、苺が目を覚ました。

「おっけーくるっくー」一生懸命スマホを動かそうとする。

その時、目隠しされているタオルが透けて血だらけのれいぞう子が冷蔵庫から死体を出しているのを見てしまう。

「オッケーくるっくー明智さんに電話!」くるっくーが明智に電話かける

その時、れいぞう子は死体をごみ捨て場に捨て処理を始めていた。

「明智さんごめんなさい!!!私捕まっちゃったみたいで」

苺が明智に話しかけるとマリアも声を発した。マリアの声に驚きを隠せない明智。電話をしていることに気が付いたシェフがやってきて、苺の口にガムテープをする

「余計な詮索をするな。仕上げにかかろう」シェフとれいぞう子は仕上げにかかる。

電話を切った明智は急いで事務所を出ると端緒に乗った桃子がいた。急いで桐谷の家に向かう二人。

到着し、水道局のものと偽って桃子と明智がやって来る。

「マリアさん例の探偵が外に」シェフが心配する。

「でも大丈夫、彼を家に入れなければいい話よ」マリアは落ち着いている。

玄関では明智とれいぞう子が押し問答している。どうにか必死に部屋に入ろうとする明智。「君はマリアに操られているだけなんだ!!」「マリアさんは私を救ってくれた」そこに刑事がやって来る。

マリアはさすがに危険を察知し、シェフに逃げるように伝えた。そして苺に言う。

「可愛い助手さん、私決めたわ。いつかあなたを明智五郎の目の前で殺す。それがいやなら彼と私の前から消えて」

 

明智が部屋に入ると苺はつかまっていた。冷蔵庫には解体された死体がつまっていた。

「彼女は?」

刑事が目を離したすきににごみ捨て場に身を投げたれいぞう子。ごみ捨て場の前にれいぞう子の靴がそろえられていた…

無事苺を救出し事務所に戻った明智は苺に言う。

「白状するよ、僕は君に嘘をついた。君の言う通り、僕はあの日、泣いた。」

桐谷のおかずをもらったあの日、口にして初めて母親の味を知った瞬間、悪くないと涙がこぼれた。

「あの日は僕が食事をして初めて泣いた日だ…ところでマリアに何か言われたか?」

しかし答えることができなかった苺。

「僕は失格だ、大事な助手を危険な目にあわし、友人を救えなかった。僕は探偵失格だ」落ち込む明智にはマリアの笑い声が響いていた。

「どう?今回のメインディッシュのお味は?」そう、今回のメインディッシュは明智の絶望だったのです…

続く

 

 

ドラマ『美食探偵 明智五郎』4話感想

 

攻めてるな、美食探偵。!

 

あの時間帯に放送可能なんだ・・・

 

キッチンハラスメント…希望溢れる新婚生活。

愛する人のために手料理を思う存分作りたいという気持ち。ワクワクして、希望に満ち溢れている冷蔵庫。

そこに姑からの手料理攻撃。ありがたいと思う量を超えて届けられたらそれはもうキャパオーバーですよね。

ひょんなことからのすれ違いでも、「向き合おうとしない・目も合わせようとしない」相手と向き合うのはとてつもなくしんどくて、悲しくて,つらい。

とはいえそんな理由で殺してしまうんですね…恐ろしい!

妙にリアルで怖かったのが解体シーン。

首からって・・・絶対無理!!

狂気の沙汰ですが、人殺しをしている時点で普通ではないですもんね。

思わず目をそむけたくなるシーンもありました。

攻めてるな、美食探偵。

あの時間帯に放送可能なんだ・・・

原作によるとれいぞう子は生きているようなので、マリアファミリーとして今後も登場するのでしょうか?

マリアの殺人はまだまだ続きそうなので、最後は一体どうなるのか想像できなくなってきました。

明智さんはマリアの殺人を止めることができるのでしょうか…来週は大量殺人!?

今までマリアの殺人が遂行されなかったことはないですよね。

さすがに小学校での無差別大量殺人は怖いから明智さん頑張って止めてーー!

 

 

ドラマ『美食探偵 明智五郎』番組概要

 

番組名 美食探偵 明智五郎

 

放送時間 2020年4月12日スタート

 

放送日 毎週日曜午後10時半

 

配信 

最新話をTVerで観る

全話をhuluで観る

 

明智 五郎     …  中村 倫也

小林 苺      …  小林 風花

高橋 逹臣     …  佐藤 寛太

桃子        …  富田 望生

上遠野 透     …  北村有起哉

マグダラのマリア  …  小池 栄子

 

 

ドラマ『美食探偵 明智五郎』が観れる動画配信サービス。これがベストな選択です。

 

最後にドラマ『美食探偵 明智五郎』を観ることができる動画配信サービスを解説します。

 

まとめ

実際にいくつか動画配信サービスを契約している私たちがベストな方法を書きます。

ドラマ『美食探偵 明智五郎』を観るには、Huluしかありません。

まずは無料体験期間に観ちゃいましょう。

TVerは無料でいいんですが、最新話しか観れません。

「家事や仕事に追われていると、うっかり1週間の配信期間が過ぎちゃう」方が多いようです。

TVerで1週間という時間に追われながらドラマを観るよりも、Huluで自分のペースでドラマを楽しむ方がいいと思うんですが、あなたはどう思いますか?

 

 

Huluの無料体験はいつ終わるかわかりません。

>>無料トライアルで今すぐHuluで『美食探偵 明智五郎』をみる

 

-2020年春ドラマ
-,

Copyright© doranekoBlog , 2021 All Rights Reserved.